​イギリス系バークシャー種

黒豚生産農場_edited.jpg

龍泉洞黒豚は純粋なイギリス系のバークシャー種を飼育しています。

 今日では多くの養豚場で美味しい豚を求め三元豚などで品種改良を行いブランド豚として生産しています。バークシャー種は美味しい肉を求める場合の多く導入されているほど肉の質が優れた種類の豚です。その反面、質の高いものの産子数が少なく増体率も低く生産効率も低いところも種としての特徴です。龍泉洞黒豚では血統を守り交配を厳選することで豚の持つポテンシャルを引き上げ産子数や増体率の優れた黒豚に改良しています。

種豚となる豚それぞれの体格や身体的特徴、そして性格も観察してより良い交配の組み合わせを試行錯誤してよりよい黒豚を生産しています。

 種豚は登記登録を行い血統を保存し日本養豚協会JPPAより黒豚生産農場に指定されています。